働く職員の仕事を知ろう

有料老人ホームでは、さまざまな職員が働いています。
職員の充実は、高齢者の安全で豊かな生活を生み出す大きなカギとなることは、先にも述べたように疑う余地のないことといえます。
高齢化が進展する社会を支えるため、重要な役割を果たすこれら職員の仕事について紹介しましょう。

まず、介護付き有料老人ホームでは、介護職員が働いています。
仕事としては、食事や入浴、排泄などの日常生活における必要な介助をおこなうほか、レクリエーション活動をおこなったり、高齢者の話し相手にもなったりと、もっとも身近に接し、日々の役目を果たしています。
健康型のタイプでは、希望に応じて外出に付きそうこともあります。
必ず資格が必要というものではありませんが、介護職員の正職員となりたいのであれば、ホームヘルパー2級以上、介護福祉士の資格をもっているとよいでしょう。

生活相談員も職員として働いています。
生活相談員は、入居者本人や家族への施設の説明、受け入れ、入居後に生じた悩みの相談に応じるといったことを主な仕事内容としています。
ほかにも事務処理作業や介護保険の請求などを担当するケースも多く、社会福祉士の資格があると役立ちます。
こちらも必ずなければならないというものではありませんから、資格不要で働くことができるようになっていることもあります。

いざというときの対応や日々の健康管理を行うため、看護職員も働いています。
入居されている高齢者の方の薬を管理したり、医師との連携をとったり、介護職員と医療とをつなぐ役割も果たします。
少ない人数で体調急変時などにも、的確に対応しなければならないので、ある程度経験を積んだ看護師が望ましいでしょう。
資格としては、正看護師、准看護師の資格で働くことができます。

こうした職員のほか、高級老人ホームでは、ホテルマン経験のあるコンシェルジュが働いていたりすることもあります。
また、介護計画を立てる専任職員や、リハビリや体力・機能低下の予防体操などを指導する機能訓練指導員、食事をサポートする栄養士や調理師も働いていますね。

有料老人ホームは、総合的に生活をサポートする場ですから、実にさまざまな職種の職員が働いています。
人員確保が急務となっている現場ですから、関心のある方はぜひ積極的に、自分ができること、得意なことを活かし、働く場として検討されることをおすすめします。


▲ページの先頭へ