都内の有料老人ホームについて知りたい!

急速に高齢化社会が進む現代、多くの有料老人ホームが東京都内にもあります。
しかし、一方でどのような施設があり、それぞれのどういった特徴があるのか、とらえづらく感じていらっしゃる方も少なくないでしょう。
そこで、ここではまず基礎的な知識をご紹介します。

有料老人ホームと一口に言っても、そのタイプはさまざまであり、まず大きく分けて3つのタイプがあります。
1つ目は健康型有料老人ホームと呼ばれるものです。
この場合、介護サービスはなく、普通のマンションのようなスペースで生活をします。
趣味を楽しめるスペースなどが充実しているケースも多く、アクティブな生活を送ることもできるでしょう。
しかし、いざというときにはしっかりと緊急対応してくれるシステムが整っています。
介護が必要となったとき、自室でサービスが受けられたり、同じ敷地内に別棟で介護専門棟が設けられていることもあり、こちらへ移転して、といった対応がなされることもあります。

2つ目は住宅型有料老人ホームと呼ばれるタイプです。
この場合、外部の介護サービスを利用する仕組みでできていますから、一般的にどこのサービスを受けるか選択することが可能です。
選択肢は広いといえますが、在宅介護と共通する点も多いため、介護の必要な度合いが重くなると、費用負担が重くなりやすくおすすめできません。

3つ目は介護付き有料老人ホームです。
こちらでは日ごろからホームスタッフが介護を行ったり、24時間ケアを行ってくれるスタッフが常駐して対応したりといったスタイルになっているため、安心感という点ではもっとも高いといえるでしょう。
ただし、料金の設定に関してはホームによりけりですし、介護の必要度に応じて別の場へ移動しなければならないこともあります。
スタッフの経験・スキルや、1人当たりにどれだけの人数で対応してくれるかなどもさまざまなら、雰囲気もそれぞれ異なります。

このように大きく分けても3つのタイプがあり、それぞれ特徴があり、向いているといえる対象の方が異なります。
ホームを探されているのであれば、どういったサービスを望むのかを明確にし、それにあった施設を選ぶようにしましょう。


▲ページの先頭へ